上海の日系歯科医院で根管治療(神経の治療)をしたけど治らない!

以下のような事は、日本でも中国(上海)でもよく起こる事例です。

 

GP(色々な治療を一人でやっている一般的な歯科医師)の根管治療を受けたのですが、

「何回も通院しても治らない・・・。」

「違和感がずっと続いている・・・。」

「何回も通っているがまだ終わらない・・・。」

「腫れが引かない・・・。」

「おできのような膿の出口が消えない、再発する・・・。」

みたいな事って本当に多いんです。

 

ちょうど今はお正月ですが、2018年が多くて2019年が少ないとかいうものではありません。^^

 

2019年もある一定の日本人が上海に住んでいるのであれば、ある一定の割合で同じような症状を訴える方は出てきてしまうと思います。

なぜなら、適切な根の治療を上海で受ける事はほとんど出来ないからです。

とは言っても、日本に帰国してもほとんど適切な根の治療ではないのが、さらに残念なところ・・・。

 

上海ではどこでも基本的に保険診療ではなく自由診療だと思います。

 

一方、日本の場合は保険診療がメインになってくるので、変に価格が安いため、誰でもなんとなく安易に保険診療を選択する傾向があるので、これがまた悪いサイクルをもたらしてしまう可能性が上がります。

上海でもGPの歯科医師がきちんと歯内療法専門医を紹介する流れが確立すれば良いなあ・・・。と普段から考えて毎月上海に渡航しています。

新年快乐!2019年元旦に上海歯内療法専門医からのご挨拶!

筋トレ

新年好!

今日から2019年のスタートですね!

中国では春節の方がお正月という感じでしょうから反応はイマイチかもしれませんが、日本ではお正月モードです。

私は1月1日の元旦という事でジムに行って筋トレをして一年のスタートをきりました。なかなかすっきりとして気分が良いです。

体の調子を整えるのって非常に重要だと思います。体の調子が悪いと仕事のパフォーマンスもイマイチですし、何となくすっきりしませんよね・・・。

歯の痛みも同じです。特に私の分野の歯内療法は痛みという症状がつきまとう厄介な根尖性歯周炎という病気が色々と問題を起こします。

 

2019年も歯内療法専門医として上海に出張診療致しますので、何かあればこちらのメールでお問い合わせ下さい。

また、今後は毎月バンコクで歯内療法の相談(タイでは日本の歯科医師免許証での診療は不可能ですので、日本人歯科医師による診療は不可能)やZoomを用いたWeb相談などを検討中です。

本年も引き続き宜しくお願い申し上げます。

 

 

 

 

クリスマスは毎年上海でしたが、今年は日本(両国)で診療中!

今まではクリスマスのあたりは結構上海で出張診療が多かったんですよね・・・。特に明確な理由やルールは存在しませんが、今年は両国でクリスマス連休を診療しています。

 

上海のクリスマスは賑やかなので少し残念です。

上海のクリスマス

当院の入口(香港広場南座)を入ったビルのホール内

 

上海ティファニーのクリスマス

中国らしいド派手で大きいクリスマス用の飾り。ティファニーですね!

 

歯内療法(根管治療)の書籍

そんな中、先日出版社から届いていた配送物を開封したら、以前私が執筆者の一人に入らせて頂いている教科書の第2版が刷られたようです。

一応、私たちの歯科業界の中では有名な藤本研修会のエンドコース(歯内療法コース)の教科書になっているものなので、売れているのかもしれませんね・・・。

根管治療をやる歯科医師にとっては必須の情報が満載の基本的な教科書のような書籍です。私は水酸化カルシウムの貼薬について、エンドペリオ病変、歯冠側からの漏洩(コロナルリーケージ)の部分を執筆しています。

今年もわずかですが、頑張って師走の忙しさを乗り切りましょう!